ヘルムレの掛時計、置時計のクロック通販

お役立ち情報

時計のお話

時計の話いろいろ

時計のはじまり

時計の始まりは、紀元前3000~4000年ごろの古代エジプトだといわれています。そのときの人類が創った最初の時計は、「日時計」と呼ばれるものでした。地面に棒を立て、その棒がつくる影の位置によって時刻を知ったのです。

■時計の記念日

6月10日は「時の記念日」です。時の記念日は、みんなが時間をきちんと守り、時間を大切にするようにとの願いを込めて、1920(大正9)年に始まりました。それでは、時の記念日はなぜ6月10日になったのでしょうか。
時の記念日を創ったのは、当時の文部省と生活改善同盟です。記念日をきめるにあたって彼らが取り上げたのは、「日本書記」という本にある天智天皇でした。
天智天皇は西暦671年、漏刻(ろうこく)と呼ばれる水時計をおき、この時計の示す時刻にあわせて、鐘や太鼓を鳴らすことを始めたのです。これが日本初めての報時制度となりました。この時の日付を今日の暦に直すと、6月10日になることから、時の記念日がきまったのです。
天智天皇を祭る滋賀県の近江神宮(時計博物館)には、現在でも水時計が置かれていて、時の記念日には毎年「漏刻祭」というお祭りが行われています。

■時計の種類

  • 水時計
    紀元前2000年ごろ、日時計の次にできた時計が、くもりの日でも夜になっても使うことのできる「水時計」でした。小さい穴の空いた容器に水を入れて、同じ速さで減っていく水の量を目盛りで読み、時間を計ったのです。
  • 砂時計
    水時計と同じしくみで、水の代わりに砂を使って時間を計るのが、みなさんにも馴染みの深い「砂時計」です。現在では、料理やゲーム・あるいはサウナ風呂などでの、短時間のタイマーとして使われてます。
  • 燃焼時計
    ものを燃やして、その燃える速さで時間を計る時計です、ロウソク時計やランプ時計、線香時計、香時計などの種類があります。中国で用いられたと伝えられる火縄時計の記録がある。
  • 腕時計
  • めざまし時計
  • 懐中時計
  • 掛け時計
  • 置き時計
  • デジタル時計
  • 振り子時計

■時計のしくみ

  • 機械時計のしくみ
    機械時計を動かすための力は、オルゴールなどにも使われているゼンマイで作られます。ゼンマイに力をためるには、竜頭を手で回す手巻き式といい、腕の動きでおもりを回転させる自動巻式の二つの方法があります。
    力をつかえる歯車。ゼンマイの力は、歯車によってテンプへと伝えられていきます。ゼンマイはそのままだとすぐにほどけてしまうので、調速機を使ってゼンマイのほどけるスピードを調節するのです。歯車は同時に、時計の針を動かす役目を持っています。

日本標準時刻

クロック通販FAX注文シート

時計ブランド一覧

ウォールクロックALESSI社の壁掛け時計
ドイツ製ヘルムレ社の掛け時計・置き時計はクロック通販へ
ドイツ製アムスの掛け時計・置き時計はクロック通販へ
米国のハワードミラー社デザイン掛け時計はクロック通販へ
ロジャー・ラッセル社掛け時計はクロック通販へ
SKAGEN腕時計はクロック通販へ
国産寄せ木象嵌時計
絵本作家五味太郎クロック

クロック通販営業カレンダー
  • 今日
  • 定休日

お休みの注文・お問い合わせは営業開始日に順次対応いたしますので予めご了承願います。
※インターネットでのご注文は24時間受け付けしております。

最新情報

クロック通販はデザイン事務所を母体に直営している掛け時計・置き時計のネット通販ショップです。
クロック通販の取り扱う商品は自社でセレクトしたデザイン性の高い欧州ヨーロッパのクロックメーカーから、厳選したデザイン掛け時計・置き時計を紹介しています。品質・素材からデザインまで自信を持って薦められる商品ばっかりです。工務店や大手法人様が多くご利用いただいております。お部屋のインテリアに合う時計選びをご提案いたします。贈答品や名入れなど対応いたします。
店長日記はこちら >>

ページトップへ